世界エネルギー転換展望: 1.5°C目標達成への道筋


June 2021
ISBN : 978-92-9260-334-2

「世界エネルギー転換展望」では、世界のエネルギー情勢を変革することによって気候変動のペースを止め、世界がパリ協定の目標を達成するための道筋を概説しています。本報告書では、世界の気温上昇を1.5°Cに制限し、2050年までにCO2排出量を実質ゼロにするための選択肢を提示しています。また、技術の選択、投資ニーズ、政策の枠組み、および持続可能で回復力のある包括的なエネルギーの未来を実現するための社会経済的な影響について、高度な洞察を提供しています。

IRENAの分析によると、2050年には、成功を収めているソリューションの90%以上が、直接供給、電化、エネルギー効率、グリーン水素、そして炭素回収・貯留(BECCS)と組み合わせたバイオエネルギーによる再生可能エネルギーに関連しているだろうと予測しています。革新的なソリューションがエネルギーシステムを再構築しつつあるのです。とはいえ、1.5Cに対応できるスピードで展開していくためには、的を絞った政策と対策が必要となります。

エネルギー転換投資は、現在から2050年までに計画されていた投資額より30%増やし、合計131兆米ドルにしなければなりません。しかしながら、2050年までに少なくとも61兆米ドルの累積投資回収が見込まれます。エネルギーを経済的・環境的にプラスの方向へと軌道修正するためには、資本の流れを大幅に調整し、投資の方向性を見直すことが必要です。

エネルギー分野の変革は2050年に1億2200万人の雇用を創出し、再生可能エネルギー関連の雇用だけでもその3分の1以上を占めることとなるでしょう。誰も取り残すことのなく、資本、能力、技術の国際的な流れを強化する公正な移行を約束するために、各国をまとめる総合的なグローバル政策の枠組みが求められています。